【期間限定公開】2018年10月31日まで
京都

京都の和食を気軽に楽しめる!ビブグルマンの日本料理店

「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取 2019」で、京都エリアのビブグルマンとして掲載された日本料理のお店をご紹介。「ビブグルマン」とは、5000円以下で食事ができるコストパフォーマンスの高い、おすすめのレストランです。ミシュランガイドに掲載されたお店の中でも、比較的足を運びやすいお店が勢揃い。京都で気軽に和食を楽しむのにおすすめです。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 菊乃井 無碍山房 ビブグルマン 快適(特に魅力的である) 日本料理 / 円山公園・高台寺・清水寺

    「菊乃井」の味を、より多くの人に知ってほしいと開いた“弁当と喫茶の店”。苔むした庭を眺めながらくつろげる。料理は茶会の点心を意識しており、先付や煮物椀、弁当箱の中にはおかずが種類豊富に並ぶ。締めは、旬野菜と鯛の炊き込みご飯が定番だ。二部制の食事の後は、和モダンな甘味処として営業。

  • 一華 ビブグルマン 適度な快適 日本料理 / 二条城

    「花を咲かせるには、日頃の手入れを怠ってはならない」との意味合いを自身の仕事に重ね、店名を「一華」とした。旬の料理をつまみ、釜飯で締めるのがこの店のスタイルだ。刺身はもちろん、生麩の田楽、ぐじの若狭焼、京地鶏の塩焼や鴨ロースまで豊富にそろい、コノワタ、バチコなどの珍味も用意。

  • 祇園 ろはん ビブグルマン 適度な快適 日本料理 / 祇園

    定食屋がコンセプトの板前割烹の店。魚の煮付け、すき焼、鶏のから揚げ、豚の生姜焼など、主だった惣菜に季節の料理2品とご飯、味噌汁が付く。酒とともに軽くつまみたい時には酒肴や造り、焼物など一品料理もそろうので使い勝手が良い。鯖サンドは締めの名物。遅い時間には同業者も集う穴場の店である。

  • れんこんや ビブグルマン 適度な快適 日本料理 / 四条河原町周辺・寺町

    昭和の面影を残す味わいのある店内で、女性店主が一人で切り盛りする和食店。先代が熊本県の知人から教わった「からしれんこん」が看板料理だ。旨みが凝縮した一夜干しの若狭ガレイは、刺身、焼物、骨の吸い物と3通りで味わえる。里芋の茎をじゃこのだしで煮た「ずいき煮」は、心温まる一品。

  • 京・上賀茂 萬川 ビブグルマン 適度な快適 日本料理 / 上賀茂・北山(京都)

    幼い頃、鮮度の良い地元の野菜をおやつ代わりに食べていたという主。当時の楽しい気持ちを客にも感じてほしいと、野菜中心の料理を供する。賀茂茄子の田楽や聖護院大根のふろふき、海老芋団子の餡かけなど、どこか懐かしさを感じさせるものばかり。一人で調理するので、時間に余裕を持って訪れたい。

  • つつみ ビブグルマン 適度な快適 日本料理 / 四条烏丸・烏丸御池

    旬の食材を生かした創意工夫ある品々が楽しめる。例えば、刺身は単にわさびや醤油だけではなく、旬の野菜のソース、酢橘のジュレ、煎り酒などを添える。無花果や塩昆布で味わう鱧の焼霜、豆乳でのばした白味噌をのせて焼き上げた鮭といった独自の工夫を施す。コースに蕎麦や寿司が入るのも特徴だ。

※この記事は2018年10月09日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top