【期間限定公開】2018年10月31日まで
大阪

天下の台所・大阪で飲むなら!ミシュランガイド掲載の居酒屋

「ミシュランガイド京都・大阪+鳥取 2019」に掲載された大阪エリアの居酒屋を一挙公開します。こだわりの一品料理に、煮込みや惣菜。大阪ならではの味はもちろん、旬の食材に工夫を凝らしたつまみで酔いしれる、大阪選りすぐりの居酒屋をご紹介します。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 酒や肴 よしむら ビブグルマン 適度な快適 居酒屋 / 南森町

    店主は産地に直接出向き、自身の目で確かめた食材や日本酒を仕入れることを心がける。品書きには造りや酒蒸しなど、素材を重視した料理が並ぶが、ここでは店主が焼き上がりを見極めて仕上げる炭火焼を試したい。なかでも肉の味わいが強い熟成キジ肉はおすすめ。家庭的な雰囲気で居心地も好もしい。

  • やま吟 ビブグルマン 適度な快適 居酒屋 / 谷町・谷町四丁目

    若かりし頃に思い描いた“料理と日本酒を楽しめる店”を実現させた。豚バラ肉の赤ワイン煮込み、イタリア料理風にアレンジした沖縄そばなど創意あふれる定番メニューのほか、その日に仕入れた食材を使って酒に合う献立を提案する。客の要望に柔軟に応える店主のもてなしに、時間を忘れてしまいそうだ。

  • 旬菜 ぼちぼち ビブグルマン 適度な快適 居酒屋 / (大阪)京橋

    京橋の一角に、旨い魚と酒を楽しめる店がある。食材は木津卸売市場で仕入れ、明石や姫路からは瀬戸内の魚介が届く。造りは盛り合わせにすれば、豊富な種類を楽しめる。カウンター席では、メインとなる食材を指定すると、好みや酒に合わせた店主の即興料理も味わえる。牛や鴨など肉料理も得意だ。

  • 番屋 燁 ビブグルマン 適度な快適 居酒屋 / 本町・堺筋本町

    「一汁二菜 うえの」がプロデュース。共通の食材を使い、メニュー構成もオーナーが手がけている。旬の野菜や魚介の炭火焼は的確な焼き加減。大葉や生うにとともに味わうローストビーフは、肉の旨みとうにの甘さを調和させた工夫ある品。鯛茶漬は、香ばしい胡麻の香りと鯛の旨みが長い余韻を残す。

  • 涿屋 ビブグルマン 適度な快適 居酒屋 / 東梅田・お初天神・太融寺

    豚トロ入りのコロッケ、パンチェッタを使ったオムレツなど豚肉料理を中心に、マグロの酒盗と豆腐の和え物や、タラコの炙りなど多彩な品書きが並ぶ。看板料理はとんかつ。イカ墨を使い魚介の旨みを加えた衣が特徴。ミディアムに火入れされたとんかつは、ロゼ色の断面と黒い衣のコントラストが鮮やか。

  • 日本酒餐昧 うつつよ ビブグルマン 適度な快適 居酒屋 / 本町・堺筋本町

    日本酒と料理の組み合わせの多様性を体験してもらいたいと、置いている酒は日本酒のみ。刺身はおろしたてを好む関西だが、しっかりと熟成させ、旨みを引き出す。店主の出身地香川の郷土料理のほか、フレンチ経験もある主らしく、ラタトゥイユや焼りんごを添えたレバーのパテなど枠を超えた料理も魅力。

※この記事は2018年10月09日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top