【期間限定公開】2018年12月14日まで
東京

星つきラーメン店も!「ミシュランガイド東京 2019」掲載のラーメン全軒

今年は、評価を上げた星つきラーメン店が1軒、あらたに登場した新規掲載店が4軒が加わり、全24軒のラーメン店が「ミシュランガイド東京 2019」に掲載されました。さらなる躍進を遂げる“東京のラーメン”に目が離せません!

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 麺や維新 ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 目黒

    醤油と柚子塩の二枚看板で勝負する店。まずは醤油から試したい。澄んだスープは、地鶏ガラを基本としただしに、火入れした醤油のかえしを合わせたもの。数種の小麦粉をブレンドした自家製麺も良い出来栄え。淡麗醤油ラーメンの手本となるような一杯だ。柚子塩を選べば、柑橘による清涼感が心地よい。

  • 三藤 ビブグルマン 適度な快適 ラーメン / 自由が丘

    醤油と塩が基本の中華蕎麦は、見た目も味わいも端正な出来栄え。和風だしと動物系だしを合わせたダブルスープは、中華の上湯からヒントを得たという。初めてなら、小豆島産醤油を使った醤油がおすすめだが、塩も甲乙つけがたい。昼の辛み醤油、夜の味噌、夏の冷製ラーメンといった限定メニューも用意。

  • 麺処 びぎ屋 ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 学芸大学

    まずは基本の醤油を試したい。節系素材を利かせたスープは旨みがあって上品だ。さっぱり味が好みなら白醤油がおすすめ。さらに柚子を加えた品は柑橘の風味が爽やかさを添える。ラーメンのお供に静岡県駿河湾直送の釜揚げしらすご飯も良いだろう。店主は毎年、新作ラーメンを考案する努力も怠らない。

  • 八雲 ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 池尻大橋・三宿

    モノトーンを基調としたシックでモダンな店内。ラーメンは、白醤油を使った「白だし」と、濃口醤油の「黒だし」が基本となる。おすすめは2種のミックス。動物系と魚介系を合わせたスープは、コクと旨みがある。ストレート麺との相性も良い。肉と海老のワンタンが具材の特製ワンタン麺も人気だ。

  • らぁめん 一福 ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 初台

    味噌ラーメンを目当てに訪れたい。体に良いものを提供したいと独学で完成させたスープは、母の味噌汁から着想を得た。動物系のスープに、煮干しや昆布、椎茸などを加え、数種の味噌を合わせる。小麦の香り漂う中太麺はスープがよく絡む。女性店主が作るラーメンは、どこか“おふくろの味”を思わせる。

  • Sobahouse 金色不如帰 一つ星 簡素な店 ラーメン / 新宿

    真鯛と蛤の塩そばが看板メニュー。真鯛、蛤、和風だしのトリプルスープに、石臼挽きの国産小麦粉をブレンドした自家製麺を合わせる。豚のばら肉と肩ロースのチャーシュー。白トリュフオイルに、ポルチーニやインカベリーのソースが添えられるのが特徴。ソースを溶きながら味の変化を味わいたい。

※この記事は2018年11月30日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top