【期間限定公開】2018年12月14日まで
東京

冬にあったまる!「ミシュランガイド東京 2019」掲載の鍋料理全店

鍋料理と一口にいっても、おでんにすき焼き、ちゃんこ鍋など、豊富なラインナップがそろう、東京の鍋料理店。くつくつと静かに煮える鍋を囲み、お店特製の具材やスープの味を堪能する。寒い冬には心も体もあたたまる、鍋料理のお店をご紹介します。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 日山 一つ星 非常に快適 すき焼 / 人形町・小伝馬町

    1935年に精肉店が開いたすき焼割烹店。古風な日本家屋の店内は個室のみ。座敷のほかテーブル席の用意もある。扱う牛肉は、日によって産地が異なる国産黒毛和牛。香りの強い春菊や水気の多い白菜は使わず、玉葱や季節野菜を入れるのが特徴だ。専属の仲居が調理してくれるので、食べることに専念できる。

  • ちゃんこ 増位山 ビブグルマン 適度な快適 ちゃんこ鍋 / 南砂町・菊川

    横綱北の湖などを輩出した相撲部屋を改装し、部屋出身の元大関が営む。「鶏つくね醤油ちゃんこ」は、昆布と鰹のつゆに朝締めの鶏のつくねや旬の野菜がたっぷり入る。一品料理では「力士味噌」やにんにくの利いた「相撲部屋の鰹のタタキ」がおすすめ。東京場所開催中は混み合うので予約は早めに。

  • 大多福 大川橋店 ビブグルマン 適度な快適 おでん / 浅草

    大阪で営んだ後に東京へ移転、現在は五代目が暖簾を守る。大きな銅鍋の中に多彩なおでん種が並び、それらの旨みが昆布と鰹節のだしに溶け込んでいる。一番人気はつゆをたっぷり含んだ大根。自家製のつみれや具だくさんのがんもどきもおすすめだ。座敷では、隅田川を眺めながら食事ができる。

  • ちゃんこ 川﨑 ビブグルマン 適度な快適 ちゃんこ鍋 / 両国

    創業は昭和初期。元力士で鶏料理が専門だった父の味を今も守り続ける店主。鶏ガラから取った濃厚なだしは、一口ごとに滋味深さを感じさせる。鍋のほか、串焼なども好評だ。時代は変わっても、先代から受け継いだ技と精神を真面目に実践している。分け隔てのない接客ぶりもこの店の良さの一つだろう。

  • 串駒房 ビブグルマン 適度な快適 おでん / 大塚

    酒好きが一目置く居酒屋の経営ゆえ、その店と同様に吟味した日本酒がそろう。ここでは、鰹節と鶏ガラだしを使った創作おでんが味わえる。蕗味噌を添えた大根、柚子胡椒の風味が利いた鶏つくね。おでん種としては珍しい焼き鯖もおすすめだ。レンコンの食感が心地よい手巻コロッケも外せない。

※この記事は2018年11月30日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top