【期間限定公開】2020年04月04日まで
愛知

名古屋でランチするならココ!ミシュランガイド掲載のランチ営業のお店

名古屋エリアで、『ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019 特別版』に掲載されたレストランの中でもランチ営業しているお店をピックアップ。ゆったりと時間を過ごせるフレンチや日本料理のお店の他、鰻や鯛めしなどバラエティ豊かなラインナップ。ビジネスや旅の拠点として便利な名古屋エリアのランチをぜひチェックしてみてください。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 鮨 旬美 西川 二つ星 快適 寿司 / 名駅

    素材を熟知する主人が、全国からネタを吟味する。魚に施すのは、事前に塩水に漬け、臭みを抜き、旨みを引き出す手間と時間をかけた仕事。酢飯は赤酢に米酢、黒酢と季節の柑橘を加え、軽やかな味わい。寿司には煮切り、煮ツメと煎り酒を使い、流れに緩急をつける。名物は剣先イカとウニを合わせた握り。

  • レミニセンス 二つ星 非常に快適 フランス料理 / 栄周辺

    コンセプトは“余韻と記憶”。コースは、余韻、記憶、安堵、追憶というテーマで構成されている。ウニとアオサ海苔のチップは、食材のシナジー効果による「余韻」が尾を引くアミューズ。炭火焼したソーテルヌ風味の鰻の白焼は、鰻の扱い方を熟知したシェフならではの「記憶」に残るスペシャリテだ。

  • ラ・フロレゾン・ドゥ・タケウチ 一つ星 快適 フランス料理 / 栄周辺

    “ビストロほど砕けすぎず、高級レストランほど非日常的でない”がコンセプト。独自の美食を追求するシェフは、素材に手を加えすぎず、フランスのエスプリを残すことを心掛ける。このレストランを象徴する「野菜とハーブのフロレゾン風」は、店名にも冠した「フロレゾン=開花」を表す華やかな一皿だ。

  • 懐韻 ミシュランプレート 適度な快適 日本料理 / 名駅

    女性店主が供するのは、主に実家の自家菜園から届く野菜を取り入れた献立。身近な食材を使い、素材の持ち味を生かした素朴な味わい。季節感を織り込んだ八寸はその一例。吸い物には鮪節と昆布を利かせ、アオサやキノコといった旬の真薯と合わせる。炊き合わせの豚の角煮は、数少ない肉料理の定番。

  • うなぎ四代目菊川 ミシュランプレート 適度な快適 うなぎ / 名駅

    老舗の卸問屋が営む鰻料理店。自慢の鰻は大ぶりで肉厚。強火でじっくり焼き上げても、身は縮まずに適度な脂が残る。名物は、丸ごと一本の鰻を豪快に御飯の上にのせた「一本重」。「鰻串御膳」なら、肝、かぶと、かまの串焼が添えられ、余すところなく楽しめる。鰻干物やうざくなど、一品料理も充実。

  • お座敷中華料理 芳蘭亭 ミシュランプレート 非常に快適 中国料理 / 栄周辺

    柳橋市場創設に関わった初代が、大正6年に開業。畳に輪島塗の円卓を配し、着物姿の仲居が迎えてくれる部屋は料亭風の佇まい。コースは、会席の流れを意識した献立。八寸を思わせる前菜盛り合わせ、素材を生かした点心、濃厚な黒酢餡がかかる酢豚は定番の品。接待や祝いの席での会食にも好適だ。

※この記事は2020年03月18日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top