【期間限定公開】2021年03月04日まで
新潟

新潟エリアで星付きに掲載された全店を一挙公開!

『ミシュランガイド新潟 2020 特別版』では、数多くの星付きのお店が掲載されました。日本海の恵みを存分に味わえる寿司はもちろん、古い歴史を受け継ぐ料亭・割烹もラインナップ。新潟ならではの自然や食材を活かしたフランス料理やイタリアンにも、注目店が数多く掲載されています。新潟グルメの底力をぜひご堪能ください。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 兄弟寿し 二つ星 適度な快適 寿司 / 新潟市中央区

    昭和35年に初代とその兄が始めた店。現在は東京で修業した二代目が継ぎ、つまみから握りへ移るおまかせに腕を振るう。魚介は地物を中心に、マグロは豊洲市場から仕入れる。氷冷庫を用いてネタの温度に注意を払い、握る時間に合わせて魚を引く。目配りと気配りが行き届いた主のもてなしも魅力。

  • Uozen 二つ星 非常に快適 フランス料理 / 三条市・燕三条・加茂

    山へ狩猟に行き、海へ漁に出かけ、畑では野菜を育て、自ら食材を調達するシェフ。新潟の自然と向き合い、大地と海の恵みを現代感覚で表現する。佐渡のボタン海老にブイヤベースのゼリーをまとわせた前菜はスペシャリテ。調理中に出た端材を利用して自家菜園の堆肥にするなど、食の循環にも努めている。

  • 鍋茶屋 光琳 二つ星 非常に快適 日本料理 / 新潟市中央区

    老舗料亭「鍋茶屋」が、その味を気軽に楽しんでほしいと開いた割烹店。七代目亭主が、旬のおいしさを念頭に置いた会席を振舞う。鮑や鰻、とらふぐといった良質な食材の持ち味を存分に生かしつつ、時には握り寿司を挟むなど、流れに緩急をつける。先付から土鍋ご飯にまで、料亭仕込みの丁寧な技が冴える。

  • 割烹 新多久 一つ星 非常に快適 日本料理 / 村上・関川

    明治元年に料亭として創業し、平成に装いを改めた割烹店。ともに京都で修業した五代目と弟が板場に立ち、着物姿の女将が客をもてなす。当地ならではの味を伝えたいと、地元の食材や調味料を用いるほか、水も近隣に汲みに行く。伝統行事を取り入れた八寸、夏には団扇の皿といった器使いにも京風が漂う。

  • 西堀 かいの 一つ星 快適 日本料理 / 新潟市中央区

    日本料理の伝統を踏襲しつつ、創意工夫の研鑽を重ねる主。大阪の料亭と割烹店で習得した技と経験を生かす。初夏から秋口まで出す鱧は椀物や唐揚げ、鮎は塩焼や一夜干しなどに。村上産の和牛や、冬の野鴨を使う肉料理も織り交ぜた献立。棒寿司や蒸し寿司といった締めにまで“浪速の味”が行き渡る。

  • 古門 一つ星 快適 日本料理 / 新潟市中央区

    東京、関西、九州などで研鑽を積んだ主人。各地で培った独自の料理観を献立に取り入れ腕を振るう。異なる調理法で三皿に分けて出す造り、フォワグラを加える茶わん蒸しなど、発想は柔軟。村上産の和牛や佐渡の黒豚を使う品々も織り交ぜる。料理を引き立たせる器使いや盛り付けにも、豊富な経験が生きる。

※この記事は2020年07月14日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top