【期間限定公開】2020年11月04日まで
京都

【2021年版】京都のミシュランガイド新規掲載レストラン

『ミシュランガイド京都・大阪+岡山 2021』に掲載された、京都エリアのレストラン全216軒から、今年新たに登場した全35軒をご紹介。中でも星付き店は13軒掲載され、中国料理やイノベーティブなど、京都に新たなグルメシーンが加わりました。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 悠々 一つ星 適度な快適 日本料理 / 金閣寺・衣笠

    和にとらわれない発想で記憶に残る味を生む。旬と名残を重んじつつ、時には洋素材も扱う。魚の昆布締めや焼霜をトーストで挟む「刺身サンド」は和洋の融合。「黒寿司」と呼ぶ醤油風味の酢飯は、肉厚な鯖寿司に生かす。夜はおまかせと単品のどちらも置き、使い勝手の良さも売りにしている。

  • ルーラ 一つ星 快適 イノベーティブ / 祇園

    ニュージーランドで出会った料理人、ソムリエ、バーテンダーの3人が、各々の経験を生かすべく開いたレストラン。“自然を尊重した季節料理”をテーマに、大原の野菜や旬の国産食材を扱う。ジャンルレスで独創的な品々には、シェフがデンマークで学んだ発酵調理や、薪火のテクニックが生かされている。

  • オルテンシア ビブグルマン 適度な快適 イタリア料理 / 京都御所・西陣

    父の背中を追って歩み始めたイタリア料理の道。北部の特色を父から学び、シチリア島をはじめとする南部を修業して回った。魚介の持ち味を生かす地中海料理を基本とする。カラスミのパスタは、ミニトマトとエシャロットのソースを絡めたオリジナル。白身魚の煮込み「マタロッタ」は、シチリア伝統の味。

  • 鮓 はやし 一つ星 快適(特に魅力的である) 寿司 / 京都御所・西陣

    主人が伝えたいのは寿司の伝統。「鮓」という漢字にしたのも、関西寿司の源流が熟れ鮓であることにちなむ。江戸前の仕事も学んだことから、双方の経験を生かす。米をだしで硬めに炊くのもその表れ。握りは関東の流れを基に、鯖寿司や蒸し寿司などの京風を挟む。東西の都で発展した流儀が融和している。

  • TAKAYAMA 一つ星 快適(特に魅力的である) イタリア料理 / 四条河原町周辺・寺町

    シェフがイタリアで学んだのは、創意あるモダンな料理。そこに日本の食文化と京食材を織り交ぜ、自身の世界観を表現する。コースは、少量多皿のアミューズや前菜から。遊び心のある演出により、食の楽しさを伝える。素材の味を生かすべく、肉料理や手打ちパスタなどは伝統を重んじ、飾らずに仕上げる。

  • のぐち継 一つ星 快適 日本料理 / 祇園

    「京天神 野口」が開いた、新たな形式の割烹店。会席五品、ご飯に甘味というコースに、唐揚げやサンドイッチ、コロッケといった、一捻り加えた単品の追加もできる。選ぶ楽しさを加えた発想が目新しい。素材使いや調理法など、型にはまらないスタイルは本店同様。名物は、山椒を利かせた和牛の肉吸い。

※この記事は2020年10月06日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top