【期間限定公開】2020年11月04日まで
京都

【2021年版】京都のミシュランガイド新規掲載レストラン

『ミシュランガイド京都・大阪+岡山 2021』に掲載された、京都エリアのレストラン全216軒から、今年新たに登場した全35軒をご紹介。中でも星付き店は13軒掲載され、中国料理やイノベーティブなど、京都に新たなグルメシーンが加わりました。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 一乗寺 乃り英 一つ星 快適 日本料理 / 上賀茂・北山(京都)

    女将の伯父から昔ながらの京料理を教わった主人。古典を重んじ、旬の素材を用いて季節を表現する。手の込んだ八寸は欠かさず、節句や伝統行事の装いを凝らす。夏の鱧には梅肉、鮎にはたで酢を添えるのも自然な流れ。料理の締めは、得意の炊き込みご飯。謙虚な主人、気さくな女将の人柄にくつろげる。

  • 山荘 京大和 一つ星 最上級の快適(特に魅力的である) 日本料理 / 円山公園・高台寺・清水寺

    東山の丘陵地に立つ料亭。初代が大阪で「大和屋」を立ち上げ、三代目が京都へ出店した。幕末の志士が会合を開いたと伝わる建物は、京都市の保護建造物。離れの「送陽亭」からは、八坂の塔と京都市街が一望できる。振舞うのは、伝統を踏まえ、洗練された会席料理。女将、仲居のもてなしにもくつろげる。

  • とんかつ一番 ビブグルマン 適度な快適 とんかつ / 七条・丹波口

    二代目夫婦と息子が営む家庭的な店。都内のホテルで洋食を学んだ初代が、市内で創業した。とんかつは、山形の豚肉をラードで揚げ、素材の甘みを引き出す。衣は薄く、食感は軽い。初代考案のデミグラスソースで味わうのが個性的。付け合わせのポテトサラダやスパゲッティにも、洋食店時代の名残をとどめる。

  • 権兵衛 ビブグルマン 適度な快適 蕎麦 / 祇園

    祇園情緒に浸りながら、蕎麦やうどん、丼物を味わえる。味の要は、創業時から受け継ぐだし。たっぷりの昆布と鰹節から濃い旨みを引く。つゆが良く絡むよう、麺を柔らかく茹でるのも京風。山椒を利かせた甘辛い親子丼も人気が高い。白洲正子や市川崑のほか、歌舞伎役者や芸舞妓にも長年愛されている。

  • 呑喜屋 むね ビブグルマン 適度な快適 居酒屋 / 京都御所・西陣

    朗らかな主が母と二人で営む割烹居酒屋。旬の魚を店の売りに、毎朝市場に出向いて自身の目で選ぶ。定番のレタス炒めは、にんにくとオイスターソースが味付けの決め手。蟹身をたっぷりと詰めた蟹クリームコロッケの人気も高い。どれも持ち味を生かした素直な料理。親子の家庭的なもてなしにくつろげる。

  • NIKOYON ビブグルマン 簡素な店 カレー / 二条城

    メニューは3種のスパイスカレー。定番は、鶏肉と野菜を主体に、黒胡椒とカルダモンの風味豊かなパキスタンカレー。ほか2種は、牛スジや豚、シーフードを使って定期的に内容を変更する。好みのカレーを数種類選べる、あいがけの人気が高い。アクセントのピクルスやレモンと共に、味の変化も楽しめる。

※この記事は2020年10月06日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top