【期間限定公開】2020年11月04日まで
京都

【2021年版】京都のミシュランガイド新規掲載レストラン

『ミシュランガイド京都・大阪+岡山 2021』に掲載された、京都エリアのレストラン全216軒から、今年新たに登場した全35軒をご紹介。中でも星付き店は13軒掲載され、中国料理やイノベーティブなど、京都に新たなグルメシーンが加わりました。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • カンティーナ・ロッシ ビブグルマン 適度な快適 イタリア料理 / 銀閣寺・北白川・出町柳

    建築設計士としてイタリアに渡り、友人宅で家庭料理のもてなしを受けたことをきっかけに転身したシェフ。ワインの貯蔵庫を思わせる内装を自ら手掛け、敬愛する建築家アルド・ロッシの名を借りた。料理はシンプルかつ伝統に忠実。生パスタを看板に、スパゲッティ、タリアテッレ、リガトーニを仕込む。

  • 蔵がゆ やま岸 ビブグルマン 適度な快適 日本料理 / 四条烏丸・烏丸御池

    江戸末期の土蔵で旬のお粥を味わえる。先付は鯛の造りを定番とし、塩や昆布で締めて一手間加える。お粥には、粒の大きな長野県木島平村のコシヒカリを使用。春はうに、秋は茸といった具材を主役に据え、鰹だしや昆布だしを使うなど、日本料理の発想を随所に生かす。月替わりの内容に毎月通いたくなる。

  • いづ源 ビブグルマン 適度な快適 寿司 / 四条烏丸・烏丸御池

    鯖寿司の老舗「いづう」の暖簾分け。大正時代創業の店を受け継いだ三代目が、“京寿司”を掲げる。定番は、鯖の姿寿司、白身魚の箱寿司、甘く煮た椎茸や干瓢入りの太巻き。穴子や錦糸玉子がのる温かい蒸し寿司は、冬ならではの名物。関西らしい味のある酢飯が、仕事を施したネタに良く馴染んでいる。

  • スパイスチャンバー ビブグルマン 簡素な店 カレー / 四条烏丸・烏丸御池

    メニューは、香辛料と野菜の旨みが調和したキーマカレーのみ。食べやすく、脂分を控えた一皿を目指す店主。挽き肉は鶏だけを使い、他の具材と別に炒めることで肉の質感を残す。淡路産の玉葱で甘味を引き出し、トマトで酸味を補う。チーズを追加すれば、スパイスの辛味が抑えられ、味の変化を楽しめる。

  • 蕎麦酒房 櫟 ビブグルマン 適度な快適 蕎麦 / 金閣寺・衣笠

    蕎麦屋を営む父から基本を学んだ店主。関西の味を知りたいと、京都でも修業を重ねた。各地から取り寄せた蕎麦を石臼で挽き、それぞれ太さの異なる二八、九割、十割を打つ。つゆに醤油を利かせるのが東京出身らしい。名物は、大阪産の銘柄鴨。つまみなら塩焼、蕎麦なら鴨せいろや鴨南蛮で味わえる。

  • イカヅチうどん ビブグルマン 簡素な店 うどん / 銀閣寺・北白川・出町柳

    屋号は、雷様を祀る上賀茂神社の近くに住むことにちなむ。看板の「イカヅチうどん」にのる、雷形の玉子焼がユニークだ。店主が語る“関西讃岐うどん”とは、関西のだしと讃岐の麺のいいとこ取り。つゆはイリコと昆布の旨みに鰹が香る。国産小麦の自家製麺は、適度な歯ごたえと伸びの良さを追い求めた。

※この記事は2020年10月06日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top