【期間限定公開】2020年11月04日まで
大阪

【2021年版】大阪のミシュランガイド新規掲載レストラン

『ミシュランガイド京都・大阪+岡山 2021』に掲載された、大阪エリアのレストラン全207軒から、今年新たに登場した全30軒をご紹介。フランス料理、イタリア料理、寿司、日本料理などから、7軒の星付き店が掲載されています。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 東茶屋 なかむら 一つ星 快適(特に魅力的である) 日本料理 / 天満・天神橋筋

    金沢市「ひがし茶屋街」にちなむ屋号。弁柄色の壁に、店主の出身地への愛着が表れる。地元の魅力を知ってほしいと、献立に能登の魚介や加賀野菜といった北陸の幸を盛り込む。加能ガニやノドグロの炭火焼、小坂れんこんのからすみ餅は時季の名物。鱈の白子は生で供するなど、北陸ならではの食を伝える。

  • イデアル ビストロ 一つ星 快適 フランス料理 / 天満橋

    店名は「理想的なビストロ」という意味。伝統をベースに、現代のテクニックと日本の旬を重ねていくビストロノミーをテーマに掲げる。フォワグラのテリーヌに、よもぎ、うるいなどの風味を盛り込むのは春の一例。鴨と鳩のパイ包み焼は冬のスペシャリテ。マダムがアレンジした花や観葉植物が店内を飾る。

  • 北新地 しえん ビブグルマン 快適 焼鳥 / 北新地

    日本料理の修業を重ねた主。焼鳥コースに季節感を出したいと、旬の食材を盛り込む。スープは椀物に見立て、春なら芹と新ごぼうの鶏しゃぶ、秋なら松茸と鶏肉の土瓶蒸しに。焼鳥の素朴な姿を骨董で引き立てるのも、和の器使いで培ったもの。土鍋炊きのご飯、締めの和菓子にも、会席の経験が生きている。

  • 炭火割烹 いしい 一つ星 快適(特に魅力的である) 日本料理 / (大阪)福島・野田・中之島

    炭火を効果的に取り入れ、出来たてのおいしさを重んじる割烹店。客が来てからだしを引き、目の前で素材を捌く。旬の魚介や野菜の焼物で構成された「炭火焼八寸」は、見どころの一つ。皮目を炭で香ばしく焼いた鯛の茶漬は締めの定番。檜一枚板のカウンター席で、その手並みを存分に楽しみたい。

  • 幽玄 一つ星 快適(特に魅力的である) 日本料理 / 上本町

    「幽玄」とは、深遠で計り知れない美の表現のこと。室礼や器で四季を映す、日本料理の心を重ねて屋号に掲げた。造りは鮮度を生かし、だしは真昆布から引くなど、大阪らしい味にこだわる。土鍋で炊く白米のお供を、種類豊富なおかずから選べるのが嬉しい。凛とした店内を夫婦のもてなしが和やかにする。

  • アズー ビブグルマン 適度な快適 中国料理 / 西天満

    中華ちまきが名物の店。明治中期に先代が台湾で覚えた伝統の味を継承している。ラードで炒めた米は粒が立ち、もっちりとした食感。代々継ぎ足してきた秘伝のタレが良く馴染む。昼は、ビーフンとのセットが主流。夜は“中華ビストロ”と題し、ワインとの相性を考慮したメニューを取り揃えている。

※この記事は2020年10月06日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top