【期間限定公開】2021年01月21日まで
京都

寒い冬に食べたい!京都のうどん全店

寒い季節の京都でぜひ味わいたいのが、あったかいうどん。伝統を受け継ぐ「関西だし」に包まれた京都のうどんは、独特の細麺や、特産の九条葱をの風味が香り、ほっと旅の疲れも癒します。今回は、だし専門店が提供するうどんや、讃岐の麺と関西だしをかけあわせた「関西讃岐うどん」など、個性豊かな京都のうどん店がラインナップしています。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 饂飩店 よこやま ビブグルマン 適度な快適 うどん / 京都御所・西陣

    香川で学んだ主が思い描くのは、コシがありながらも伸びの良い麺。生地は粉と水を馴染ませるために一晩寝かす。だしは讃岐に倣ってイリコを使い、昆布と鰹節を利かせる。「ごぼ天ざる」は甘めのつゆに、九州で馴染み深い牛蒡の天ぷらを添える。主が育った長崎や福岡の味を懐かしみ、品書きに加えた。

  • 祇をん かじ正 一つ星 快適 日本料理 / 祇園

    京会席の流れに、主の故郷である長崎の味を織り交ぜる。料理は、華美に走らず伝統を重んじた内容。甘鯛や烏賊など旬の魚介は五島列島より届く。定番は、じっくり煮込んだ豚角煮、つるりとした喉越しの五島うどんといった郷里の品。名物のだし巻玉子には、修業先の仕出し店で培った丁寧な仕事が生きる。

    限定コース有
    【クラブミシュラン限定】●… 旬食材をふんだんに使用 …● 店主おまかせコース 20,000円(税込)~[時価]
  • 権兵衛 ビブグルマン 適度な快適 蕎麦 / 祇園

    祇園情緒に浸りながら、蕎麦やうどん、丼物を味わえる。味の要は、創業時から受け継ぐだし。たっぷりの昆布と鰹節から濃い旨みを引く。つゆが良く絡むよう、麺を柔らかく茹でるのも京風。山椒を利かせた甘辛い親子丼も人気が高い。白洲正子や市川崑のほか、歌舞伎役者や芸舞妓にも長年愛されている。

※この記事は2020年10月19日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top