【期間限定公開】2020年12月06日まで
全国

冬においしい!全国の海鮮(牡蠣・蟹・ふぐ)レストラン

冬においしい旬の海鮮と言えば、牡蠣・蟹・ふぐ!これから冬のグルメや旅行に、全国で旬の海鮮を味わいに出かけてみてはいかがでしょうか?新鮮でクリーミーな牡蠣を目指して広島へ、11月から解禁の松葉ガニを目当てに鳥取もおすすめ。そして、冬の味覚の王様、ふぐは九州や関西で多数レストランが掲載されているのぜひチェックしてみてください。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 臼杵ふぐ 山田屋 二つ星 非常に快適(特に魅力的である) ふぐ / 西麻布

    大分県臼杵市に本拠を置く老舗ふぐ料亭の支店。豊後水道で水揚げされたとらふぐを扱う。かぼすのポン酢で味わう厚引きの造り、香辛料を隠し味にした唐揚げ。鍋の後の雑炊には濃縮した煮こごりを加えるなど、正統な流れの中にも個性が際立つ。従来のふぐ料理に日本料理の発想と技術が取り入れられている。

  • ふぐ料理 ともえ 一つ星 適度な快適 ふぐ / 金閣寺・衣笠

    店主が扱うのは、1尾丸ごと仕入れる天然とらふぐ。数日寝かせて旨みを引き出すため、3日前までの予約が望ましい。ふぐの醍醐味を味わってほしいと、刺身は厚引き。鍋には身皮から取ったコラーゲンを入れ、旨みを増幅させる。橙の果汁を2年間熟成させた丸みのある自家製ポン酢もこだわりの一つ。

  • 喜太八 二つ星 快適 ふぐ / 岸和田・和泉・泉佐野

    日本ふぐ研究会の会長である北濱喜一氏は、高齢にもかかわらず、毎日板場に立つ。献立の基本は先代から継承した20数種の調理法。さらにふぐの生態の研究を重ね、科学的な追及の結果を料理に生かす。五層に分けて仕込むふぐ皮や美しい煮こごりなど、ここでしか食べられないふぐ料理の数々を満喫できる。

  • 可ん寅 ミシュランプレート 非常に快適 ふぐ / 栄周辺

    昭和9年創業のふぐ料理専門店。仕入れるのは、主に三河湾で揚がった天然とらふぐ。身質を安定させるため、大ぶりな目方を好む。刺身、握り寿司、煮こごり、唐揚げ、鍋はどのコースにも含まれる。予約をすれば夏でもふぐが味わえるほか、7~8月にはふぐと鱧を合わせた「ふく鱧会席」も用意。

  • 夕凪橋 多古安 一つ星 快適 ふぐ / 天保山・弁天町・USJ

    5kgを超える希少な天然ふぐを扱う三代目。刺身の部位は、数日寝かせることで旨味が増す。ポン酢に漬け込んだふぐ皮は、初代から受け継いできた伝統の味。白子の塩焼や茶碗蒸しも良い。鰹の一番だしに白子を溶いたしゃぶしゃぶにも独自性がある。6~9月は、ふぐ料理の代わりに鱧やクエ料理を用意。

  • ふく政 一つ星 非常に快適 ふぐ / 西条・東広島

    下関から仕入れるとらふぐは、状態を見極めて寝かすため、2日前までの予約が望ましい。厚めに引く刺身は贅沢な菊造り。焼物や揚げ物など、どの料理も身が厚く、ふぐの醍醐味が味わえ、主人の気っ風の良さが表れている。締めはだしがしっかり沁みた雑炊。淑やかな女将の接客に、落ち着いた設えの個室もあり、慶事や接待にも向く。

※この記事は2020年11月20日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top