東京

全店制覇したい!東京のミシュランガイド掲載の美食ラーメン店29軒~2017年度版~

世界で初めてミシュランガイド一つ星のラーメン店が掲載され、メディア各所で注目を浴びた「ミシュランガイド東京2016」。今年、2017年度版ではさらに1軒、一つ星のラーメン屋が増えました。その他にも、ビブグルマンとして、日本のラーメン文化とイタリア料理を融合させたラーメンや、動物性食材を使わないヴィーガンメニューがおすすめなラーメンなど、それぞれに個性溢れるラーメン店が勢揃いしております。友人との食事や職場でのランチなど、気軽に利用でき、巡るのも楽しいミシュラン掲載のラーメン店で、ぜひお気に入りを見つけてみてください。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • トイ・ボックス ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 日暮里

    冠地どりや川俣シャモなどの地鶏と真昆布のスープはまろやかでコクがある。初めてなら醤油がおすすめ。やや硬めの中細ストレート麺は喉越しが良い。具材はじっくり焼き上げた豚バラと真空調理の鶏胸肉。ともに旨みたっぷりだ。歯ごたえの良いメンマ、魚介のだしに漬けた味玉も名脇役。屋号は、幼少時におもちゃ箱を開けた時のワクワク感から。忘れられない祖母のラーメンが主の原点である。

  • 鳴龍 一つ星 簡素な店 ラーメン / 大塚

    丸鶏を中心に牛骨、野菜、数種の節を加え、さらに生の牡蠣をふんだんに使うスープが特徴。国産小麦粉を用い、数種類の麺を打ち分ける。胡麻の風味が特色の担担麺には、卵を入れない低加水の極細麺。胡麻に負けない小麦の香りが口中に広がる。奥深いコクと香味のある「醤油拉麺」は、歯触りの良い平打中細ストレート麺。ローストした豚ロースや低温調理の豚肩ロースのチャーシューも好評だ。

  • 一つ星 簡素な店 ラーメン / 巣鴨

    野菜と3種の丸鶏、アサリ、魚介を使う、旨みとコクの調和の取れたトリプルスープ。醤油ダレは、2年熟成生揚げ醤油に牛肉やアサリなどのだしを合わせ、ふくよかな味わいに仕立てる。国産小麦に内モンゴルのかん水やミネラル豊富な沖縄の塩を加え、程良いコシを与えた自家製麺。「醤油Soba」は、醤油やトリュフの香りが鼻に抜け、噛むたびに小麦の風味が立ち、ふくいくたる余韻を残す。

  • 多賀野 ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 戸越銀座・旗の台

    今では行列のできる店となったが、開業して2年間は客が入らず、ラーメンの研究を重ねたという夫婦。試行錯誤の末、供する直前に手鍋で温めながら追い煮干しをする手法に変え、香りと味わいが新鮮な中華そばを完成させた。比内地鶏、豚のゲンコツ、煮干し、鰹節、鯖節からだしを取った醤油味のスープは滋味深い。もう一つの名物、「ごまの辛いそば」はクリーミーなスープが特徴の担担麺だ。

  • ソラノイロ ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 半蔵門・麹町

    「色即是空 」にかけて、空の色のように変わり、進化し続けたいとの思いを込めた店名。地鶏や魚介、香味野菜を用いたスープは、それぞれの旨みが利いている。小麦の香り高い縮れ麺は、つゆとの一体感を生む。女性に人気の「ベジソバ」は、ムール貝の塩ダレと人参のピュレを加えたスープが、パプリカを練りこんだ平打麺によく馴染む。動物性食材を使わないヴィーガンメニューもおすすめだ。 

  • しながわ ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 池袋

    煮干し、鯖や鰹など複数の節と比内地鶏を使うスープは、力強さと奥行のある旨みを持つ。香り豊かな醤油ダレはまろやかな味わい。「中華そば」の麺は、やや加水率が高いつるりとした食感の中細ストレート。「特製中華そば」には、肩ロースとバラ肉のチャーシュー、太めのメンマや味付け玉子など複数の具材がのる。夜は、稲庭うどんに比内地鶏のスープを合わせた「稲庭中華そば」のみ。

※この記事は2016年11月29日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top