【期間限定公開】2017年08月31日まで
宮城

仙台に来たら巡りたい!ミシュランガイド掲載の美食ラーメン

日本国内どこのエリアに行っても、チェックしておきたいのがラーメン。宮城・仙台も、ラーメン激戦区として有名です。今回は、「ミシュランガイド宮城2017特別版」に掲載された、こだわりの美食ラーメンをご紹介。醤油、味噌、塩とそれぞれのお店で、一押しメニューも異なり、仙台が誇る絶品ラーメンを、バラエティ豊かに掲載しております。仙台に来たら、ラーメン巡りで、お気に入りの一杯を見つけてみてはいかがでしょうか。

アイコンの説明はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • らーめん 本竈 簡素な店 ラーメン / 宮城野区・若林区

    店のおすすめは「塩ラーメン」。鶏ガラと数種の節で取る澄んだスープとモンゴル産の岩塩を合わせて旨みを利かせる。スープが絡みやすい中細のストレート麺は北海道産小麦「春よ恋」のみを使い、主の実家の製麺所で仕込む。メニューではぶつ切りの海老と豚肉のワンタンが入る「海老わんたん麺」が好評。昼は開店直後から行列ができる人気店ゆえ、落ち着いて食べるなら夜の利用がおすすめ。

  • らーめん くろく 簡素な店 ラーメン / 仙台

    島崎藤村縁の地、初恋通りにある。スポットライトを利かせた店内は、ラーメン店らしからぬモダンな雰囲気。看板メニューは塩と醤油。だしは鶏ガラをベースに、鶏の挽き肉を加えて旨みを増すという中華料理の技法を取り入れたもの。塩は、塩ダレに貝のエキス入り。醤油には、特注の薄口醤油を使う。どちらのスープもさっぱりとした味わいだ。自家製麺も自慢。完全無添加にこだわっている。

  • 麺屋 志 簡素な店 ラーメン / 仙台

    鶏だし中華そばの店。「鶏中華そば」と「こってり背脂醤油ラーメン」の二つが基本だ。「鶏中華そば」は、醤油と塩があり、まずは醤油を試したい。鶏ガラと香味野菜からとっただしに、鶏油(チーユ)を加えたスープは、醤油の風味が穏やかでさっぱりとした味わい。小麦の香りと適度な歯ごたえで選んだという中細ストレート麺も相性が良い。昔ながらの中華そばを現代風に味付けしている。

  • 麺屋 三味 簡素な店 ラーメン / 仙台

    かつて和食の板前だった店主は神奈川県出身。父の紹介により、地元のラーメン店で基礎を学び、仙台市への引っ越しを機にこの地で開業した。和食で鍛錬したため、だしの引き方が巧みである。基本のスープは塩と醤油の二つ。どちらも上品で、きめ細やかな味わいだ。初回は、柚子ラーメンの塩がおすすめ。どのラーメンも細いストレート麺か、太い縮れ麺を好みで選べる。

  • 麺 密くろ 簡素な店 ラーメン / 仙台

    東京で修業を積んだ主が、2号店として開業。店主自ら厨房に立つ。基本のラーメンは、醤油、塩、汁なし担担麺の三つ。看板は「醤油そば」。スープは、鶏の胴ガラと数種の煮干しから取っただしに醤油ダレを利かせている。全粒粉入りの中太麺は自家製で、化学調味料不使用もこだわり。メンマの代わりに醤油風味の漬け大根、海苔は岩海苔を使うなど、進化系の中華そばといった趣だ。

  • 麺匠 ぼんてん ビブグルマン 簡素な店 ラーメン / 仙台

    若き店主は旭川や大阪、埼玉などで修業を重ね、地元で開業。初めて訪れるなら「醤油らーめん」を注文したい。種鶏ともみじ、昆布や煮干しから取ったスープに、非加熱処理の醤油を使ったかえしを合わせる。特注の太麺はスープが絡みやすくなるよう、茹でる直前に店主が強く揉み込み、縮れを生む。スープと麺を際立たせたいと、トッピングはシンプル。

※この記事は2017年07月11日時点のミシュランガイド掲載情報となります。
最新の掲載情報と異なる場合がございます、ご了承ください。

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ
    top