特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2017.1.18

「自分の舌を信じて、自分の好きなものを提供してきました」

翏 店主 村田 翏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

果たして鰻店といっていいのだろうか。蒲焼きの香ばしい香りがなければ、隠れ家のようなバーの扉を開けてしまったと思うだろう。『ミシュランガイド東京2017』で新しく一つ星に輝いた「翏(りょう)」は、従来の鰻店のイメージを覆す、ユニークかつ特別な店なのだ。

店は、決して広いわけではないが、中央を大きなカウンターが占めている。詰めて座れば12席は入れそうなのに、わずか9席が並ぶだけだ。見知らぬ客と並んでも、隣の会話が気になることはない。

写真

名のある鰻店にいる男女2人組は、間違いなく親密な関係だと思ってしまう。チェーン店ならいざ知らず、老舗では注文してから鰻をさばくことが珍しくなく、何かをつまみながら待たなければならない。退屈せずに過ごせる相手でないと間が持たない。しかも締めのごはんを食べて店を出る頃には、すっかり共犯者として鰻の匂いが染みついてしまっている。焼肉店にいる男女以上に怪しいのだ。もし、それほど興味のない異性から、2人で鰻を食べに行くことを提案されたとしたら、断らなければ面倒なことになる可能性がある。

ところが翏ならば、初めてのデートでも、クライアントの接待でも問題ないだろう。コースメニューしかなく、席につけば、それぞれの料理に合わせて、さまざまな日本酒が次々と登場する。BGMもアコースティックな米国音楽が中心。ここまでモダンな鰻店というのが、これまでに存在しただろうか。

好きなものに囲まれた店にしたかった

中目黒から歩いて10分近く。初めて来たなら迷うのは確実だ。店の看板はあまりにも謙虚で、見落としたとしても仕方ない。しかもパンチングメタルの外階段を上った2階が店のようだ。中目黒によくある隠れ家的な店には違いないが、鰻店という常識をはるかに超えている。

思い切ってドアを開ければ、若い店主に笑顔で迎えられる。料理人というよりは、ミュージシャンのような風貌にとまどう。入口にはインド楽器のシタールが置かれ、店内にもアコースティックギターやエレキベース、またベースアンプのヘッドがインテリアになっている。

写真

「自分の好きなものに囲まれた店にしたかった」と店主の村田翏さんは説明する。まるでクリエイターが、飲食好きが高じて作った店のように見えるが、実際は違う。

村田さんは「つきじ宮川本廛」で13年修業した経験を持つ、れっきとした鰻料理の職人。鰻と燗酒が合うことを知ってもらおうと、2013年2月に独立して開いた店なのだ。

今すぐ続きを読む(会員登録ページに移動します) ※記事をすべて読むには、クラブミシュランの会員登録が必要です

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ