特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2017.3.15

「フカヒレ、アワビなど中華ならではの贅沢食材を余すことなく楽しんでいただけるのがこのコースの魅力です」

瑞雪 店主 名雪寛己

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小田急線・梅ヶ丘駅前商店街の一角にある“町の中国料理店”が、今年も3年連続となる一つ星に輝いた。その店の名は広東料理「瑞雪」。“日本独自の中国料理”を目指して夫婦で切り盛りする小さな店は、島根県・益田をはじめ全国各地から取り寄せた旬の魚介が、広東由来の柔らかな調味で味わえると人気を高めている。

夜はこれまで9品6,500円(税・サ別/以下同)のコースメニューのみだったが、今回クラブミシュランのために、7品1万2,000円のスペシャルなコースを作ってもらうことができた。従来のコースから約2倍の価格帯というと、少々大胆な設定にも思えるが、そのラインアップを知るとむしろリーズナブルとさえ感じられる。そして、クラブミシュランの会員だけが注文することの出来るコースというのも特別感たっぷりだ。

写真
今すぐ続きを読む(会員登録ページに移動します) ※記事をすべて読むには、クラブミシュランの会員登録が必要です

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ