特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2017.6.7

「フランス料理を超えたいとも超えようとも思わない。本物のフランス料理に迫るオリジナリティを追求していたらこういう表現になった。なぜかって?Parce que je suis japonais.(それは私が日本人だからです)」

ナベノ- イズム エグゼクティブシェフ CEO 渡辺雄一郎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※本内容は、取材時2017年6月の内容です。(『ミシュランガイド東京 2019』二つ星に昇格)

東京都台東区駒形。ここにそばがきを出すフレンチレストランがある

午前9時半、シェフ 渡辺雄一郎氏は店に到着するとガラス張りのキッチンへと入り、一礼する。そしてキッチンを一周しながらスタッフひとりひとりと握手を交わし挨拶をする。 次に丁寧に手を洗い、神棚に拝礼。今日一日の無事を祈念したところでランチ用のそばがきを炊き始める。これが渡辺氏の毎朝のルーティーンだ。

写真

一見するとなんでもない光景のようにも思える。ただ、これが料亭ではなく、フレンチレストランでの光景だとするとどうだろう。シェフ自らそばがきを炊くフレンチレストランを、容易にイメージできる人が果たしているだろうか。しかもそれが恵比寿「シャトーレストラン ジョエル・ロブション」のエグゼクティブシェフを11年勤め上げたシェフのレストランでのことだとしたら、さらにイメージは難解になるのではないだろうか。

写真

東京都台東区駒形。昔ながらの下町風情が残る住宅街の中にそのレストランはある。名は「Nabeno-Ism(ナベノ-イズム)」。『ミシュランガイド東京 2017』で一つ星として評価されたフランス料理レストランだ。シェフの渡辺雄一郎氏は、大阪あべの辻調理師専門学校を卒業後、同校フランス校へ進学。

写真

卒業後はフランス サヴォワ地方の高級リゾート地、クールシュヴァルの「ル・シャビシュー」(二つ星)や東京「ル・マエストロ・ポール・ボキューズ・トーキョー」、リヨンの「ラ・テラス(シェ・アントナン)」(一つ星)にて研修。また、1994年にはシャトーレストラン「タイユヴァン・ロブション」のオープンに携わり、スー・シェフとしても活躍した。

1997年、シャトーレストラン1階の「カフェ・フランセ」を経て2004年恵比寿「ジョエル・ロブション」総料理長に就任。そして2016年7月、満を持してレストラン「Nabeno-Ism(ナベノ-イズム)」を開店した。オレンジ、白、黒のテーマカラーが随所に配された外観。陶磁器で作られた小さなフランス国旗が、 ここはフレンチレストランなのだと奥ゆかしく示唆している。

写真
シェフが履いているテーマカラーの3色を用いた「ニューバランス」のスニーカー。オレンジは料理の「炎」や「太陽」を、白は“いいものは何でも取り入れると”いう「柔軟性」を、黒は“何にも染まらない”というシェフの「強い意志」を表しているのだという

ナベノイズムへのヴォヤージュの始まり

入り口を入ると1階はガラス張りのキッチンで調理中のシェフが客を出迎える。「ナベノ-イズム」へのヴォヤージュ(旅)の始まりだ。2階と3階が客席になっており、フランス時代の学び舎シャトー・ド・レクレールをイメージしたという螺旋階段を上がり席へとむかう。

写真

天気がよければ隅田川とスカイツリーを間近に臨む2階のテラスで川風を受けながら食事を楽しむのもいいだろう。だが、静かに雰囲気を味わいたいなら3階のカウンター席へ。日中なら自然光がたっぷりと注ぎこんで心地がいいし、夜ならば、ライトアップされたスカイツリーと行き交う屋形船や観光船の光の流れがムードを高めてくれる。

写真
天気のいい日は屋上で隅田川を眺めながらアペリティフが楽しめる

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額330円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ 以下はWEB会員の方向けの入会・ログインボタンです。アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン
今だけ!3カ月無料キャンペーン実施中
' + banner['alt'] + '

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ