特集

ぐるなび

わざわざ出かけたい国内グルメ旅

2017.8.28

今回の旅の目的地は宮城県。2017年7月の『ミシュランガイド宮城2017 特別版』の発刊を記念して、宮城県のグルメと魅力を【前編】と【後編】2回に分けてお届けします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京駅から東北新幹線「はやぶさ」に乗り込むと、仙台駅まで最短1時間40分で到着。東京と宮城県は直線距離で約304km北上した位置にある。東京の気温が30度だとすると、仙台は27~28度。実は宮城県の観光PRのコンセプトは「涼・宮城の夏(りょう・ぐうじょうのなつ)」。“海・山・川からグルメまで、宮城の夏はひんやり涼しい玉手箱”というキャッチフレーズのもと、夏の観光誘致を行っている。土壌豊かで米どころ、名湯が多く大自然のなかで心身ともにリフレッシュできる、避暑地宮城。新しく星に輝いた日本料理と、新ジャンル「牛タン料理」の名店をご紹介する。


【りんたろう】志高き料理長が腕をふるう、コストパフォーマンス抜群の日本料理

仙台駅から地下鉄で一駅、あおば通駅から徒歩6分ほどの閑静な場所に日本料理「りんたろう」はある。真っ白な壁に屋号名の「りんたろう」の文字があしらわれ、入り口は長い暖簾で覆い隠されたスタイリッシュな建築だ。その高級感漂う佇まいは、初見だと「敷居の高そうなお店だな」と感じるかもしれない。

写真

しかし、こちらの日本料理は一つ星でありながら、ランチなら1,000円(税別・以下同)からいただけるという、驚くべき高コストパフォーマンスの店。昼は定食スタイルで、毎日行列ができるほどの人気ぶり。コース料理のみ、前日までの予約でいただくことができる。

そしてここは『ミシュランガイド宮城2017特別版』で一つ星に輝いた11軒の中で一番若い料理長がいる店でもある。料理長は今年で30歳の水本尚希氏。28歳の若さで「りんたろう」の料理長を任され、また2年で店を一つ星に導いた新進気鋭の料理人だ。

写真

岩手県出身の水本氏は大学卒業間近に、東京の名店の技術はどんなものかと、赤坂にある一つ星日本料理「とゝや 魚新」へ食事に行った。美しいプレゼンテーション、繊細な味わい、素材の使い方に感動し、大学のあった仙台に戻ってから、すぐ電話でお礼の電話と修業を申し込んだそうだ。

「とゝや 魚新」では約3年半、日本料理の基礎を学んだ。もともと、4~5年で奥さんの地元である宮城に戻る予定だったので、残りの1年半は当初は表参道にあった三つ星の日本料理「えさき」(現在は山梨へ移転準備中)で研鑽を積んだ。仙台に戻ってからは焼肉の人気店「米沢牛焼肉 仔虎」で1年、肉の捌き方を勉強し、そして現在の店「りんたろう」に至る。魚に、野菜に、肉に。その道のエキスパートたちから技術を学び、自らの能力で磨き上げたのが「りんたろう」の料理だ。

今回はおまかせコース(6,000円~)の中から、「りんたろう」おすすめ、全9品8,000円のコースのうち4品を紹介する。まず1品目は先付けの「とうもろこし豆腐」。宮城県産のとうもろこしと酒と醤油をミキサーにかけ、卵黄とゼラチンでキューブ状の茶碗蒸しのように仕立てた一品。夏の香りが相性の良い、赤万願寺とうがらしのソースをかけたところに、焼いたとうもろこしとキヌサヤを沿えて。とうもろこしの濃厚なうま味と香りが口のなかに広がり、さっぱりした上品な甘さが続く。

写真

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額330円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ アプリからご覧の方は、アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ