特集

ぐるなび

わざわざ出かけたい国内グルメ旅

2018.5.23

「料理だけを大切にするのではなく、お客様に日本の文化に触れて、またそのひと時を愉しんでいただける、料理を通したその世界観一体を大切にしたいです。」

飯田 店主 飯田真一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都市内、京都市役所駅から歩いて程近い閑静な小路に、一軒の美しい料亭がある。元々は茶道具屋だったという、昭和初期に建てられた風情漂う建物。店主がその美しさに惚れ込み、カウンターと厨房以外は手を施さず、当時に近い形のまま今もなお客を迎えている。

写真

広々とした玄関を上がると、掘りごたつ式のカウンター座席と坪庭、廊下を伝うその奥には4名までが使用できる座敷がある。

店主の飯田真一氏は、埼玉県出身の42歳。金沢と京都で研鑽を積んだ後の2010年に「飯田」を開店した。オープン1年で『ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良 2012』で一つ星として掲載。『ミシュランガイド関西 2015』にて二つ星に昇格、そして昨年発表された『ミシュランガイド京都・大阪 2018』では三つ星として、さらに評価を上げたのである。今や数カ月先まで予約が困難となった「飯田」。今回、その躍進し続ける裏舞台を問う。

写真
今すぐ続きを読む(会員登録ページに移動します) ※記事をすべて読むには、クラブミシュランの会員登録が必要です

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ