特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2018.7.24

「日本の食材や生産者を大切に、それらを生かすということは、フレンチの頃から変わりません。ただ、表現するものがベトナム料理に変わっただけです。」

アン ディ シェフ 内藤 千博

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

多彩なハーブやスパイスを巧みにアレンジしたエスニック。中でも、食材にこだわりワインとのマリアージュを楽しめるとして、女性に人気のベトナム料理店がある。東京都渋谷区、外苑前駅からほど近く。2017年7月にオープンし『ミシュランガイド東京 2018』でビブグルマンとして掲載された「アン ディ(Ăn Đi)」だ。

写真
レトロなビルの1階、コンクリートと木の質感に包まれた、モダンながらも温かみを感じさせる店内

Ăn Đi(アンディ)とは「召し上がれ」という意味のベトナム語で、「ワインを片手にゆっくりと、新鮮なハーブや葉野菜たっぷりのベトナム料理を楽しんでもらいたい」という想いのもと、ワインテイスター&ソムリエの大越 基裕氏がオープンした。

写真
今すぐ続きを読む(会員登録ページに移動します) ※記事をすべて読むには、クラブミシュランの会員登録が必要です

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ