特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2018.8.16

「銀座では、すべてにおいていいものを知っている、厳しい目を持つお客様に、“育てていただいてる感覚”です」 

銀座 いしざき オーナーシェフ 石﨑 洋一

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平日の夜、人通りのピークを迎える銀座8丁目。競争激しいこの土地で、2016年8月にオープンした「銀座 いしざき」は、『ミシュランガイド東京 2018』にあらたに一つ星として掲載された和牛料理のお店だ。

写真

ビルの4階にある店内は、奥に長い敷地をいかし、一席ずつゆったり配されたカウンター6席とテーブル席が6席。

「以前いたお店も同じ銀座でしたが、せっかく一流の街で勝負するなら、夜の銀座が一番賑わうクラブエリアのド真ん中、銀座7・8丁目で挑みたかった」と話すのは、オーナーシェフの石﨑洋一氏。

写真

石﨑氏は、横浜で代々続く精肉店が銀座で運営する山形牛専門店のオープン時より参画。2008年から2015年までシェフとして活躍した、言わば“肉の匠”だ。満を持してオープンした自身の店「銀座 いしざき」でも、肉づくしのコースを主軸とするが、牛肉の仕入れから、調理法、コース内容までを一から再構築。常連客を含め、新たに楽しんでもらいたいという心意気が感じられる。例えばそれは、氏のスペシャリテともいえる「自家製コンビーフ」や、締めで人気の「カレー」のレシピをイチから作り直したこと、自家製ソースを使った「かき氷」という新しい試みからも受けてとれるだろう。メニューはコースが基本だが、21時以降で石﨑氏の手が空いていれば、アラカルトで食べたいというお客にも、臨機応変に対応してくれるという使い勝手のよさも魅力だ。

「深夜でもきちんと食事ができるお店ってなかなかないので、AM1時くらいまでに入っていただければ、3時くらいまでは営業しています。『サラダとステーキだけ』とか『ステーキとかき氷だけ』と、締めに使っていただくことも多いですね。」

深夜メシにかき氷…と、銀座の夏の夜遊びに覚えておきたい「銀座 いしざき」の魅力に、さらに迫る。

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額324円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ 以下はWEB会員の方向けの入会・ログインボタンです。アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ