特集

ぐるなび

わざわざ出かけたい国内グルメ旅

2018.9.14

「いい食材を扱うほどに、“シンプルに素材の味を引き出す”という方向に自然と流れていきました」

御料理 まつ山 オーナー兼料理長 松山相三

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

福岡県・博多駅から、小倉方面に向かう特急電車で約30分の黒崎駅。かつては製鉄工業で栄え、料亭文化が花開いたこの地は、2000年代初頭まではJR九州内での乗降客数が博多駅、小倉駅に次いで第3位であった大きな街である。その黒崎に、『ミシュランガイド福岡・佐賀 2014 特別版』に一つ星として掲載された日本料理店「御料理 まつ山」がある。今年8月に7周年を迎えた店を取り仕切るのは、オーナー兼料理長の松山相三氏。

写真

「お客様の約8割は地元の方々で、ありがたいことに、みなさん次の月の予約を入れてくださいます。“来月は何が食べられるんだろう?”という期待に応えるためにも、とくに旬の食材や季節を感じる料理にこだわります。」

福岡県は、海産物から畜産物まで、九州全土から鮮度が高く種類豊富な食材が集まる土地。安価でおいしいものが食べられると、食のレベルが全国でも高い地域と言われている。この場所で常連客に愛され続けることは、容易ではないと想像いただけるだろう。

写真

夜のメニューは、五節句や季節を感じる10-12品で構成される旬の献立である15,000円(税・サ別、以下同)のコース一本勝負(昼は6,000円のコースも用意)。今回は、取材時8月の献立の中からご紹介する。

今すぐ続きを読む(会員登録ページに移動します) ※記事をすべて読むには、クラブミシュランの会員登録が必要です

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ