特集

ぐるなび

わざわざ出かけたい国内グルメ旅

2018.12.13

「バスク料理は引き算が基本。だからこそごまかしが効きません」

アラルデ オーナーシェフ 山本嘉嗣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年10月、『ミシュランガイド京都・大阪+鳥取 2019』のセレクションが発表された。今回大阪では34軒、京都は39軒の新規掲載店が追加され、初のセレクションを発表した鳥取では、76軒が掲載された。その中でも一つ星として新たに登場した大阪のバスク料理店「アラルデ」をご紹介する。

写真

オーナーシェフの山本嘉嗣氏は、『ミシュランガイドスペイン・ポルトガル 2019』で一つ星として掲載されたスペイン・バスク州のレストラン「アラメダ」で修業後、大阪・本町のバスク料理レストランの料理長として、まだ関西では馴染みのなかったバスクの郷土料理を提供してきた。2016年に独立し「アラルデ」をオープン。自身の店では、余分なモノをさらにそぎ落とし、素材と向き合い、素朴で奥深いバスク料理を突き詰めている。

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額330円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ アプリからご覧の方は、アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ