特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2019.1.10

「常に進化し続けるように努力しています。いかなる時も最良を追求し、よりよい料理を生み出し、お客さまに喜んでいただきたいと思っています」

ロオジエ エグゼクティブシェフ オリヴィエ・シェニョン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月、『ミシュランガイド東京 2019』が発表され、73店の新規掲載店が加わり、全484店(三つ星13店、二つ星52店、一つ星165店、ビブグルマン254店)のレストランが掲載された。

今回も、世界のミシュランガイドを発行する都市の中で、最も多くの星付き店が掲載された東京。中でも、日本におけるフランス料理のレベルは高く、クラシックからモダンフレンチ、分子調理を取り入れる革新的なフレンチなど、東京にはきら星のごとく多くのフランス料理店が存在し、今回『ミシュランガイド東京 2019』においても88のフランス料理店が掲載された。

写真

これらの店に大きな影響を与えてきたフランス料理店のひとつとして、今回三つ星として掲載された「ロオジエ(L'Osier)」を挙げることに異論はないだろう。ロオジエは、日本の化粧品メーカーである資生堂が経営し、食を通じて、企業理念である「美しい生活文化の創造」を実現するために生まれた空間だ。銀座の街のシンボルとして、2018年に45周年を迎えたロオジエ。その歴史を振り返りたい。

写真
世界のホテルやレストランを手掛けるデザイナー、ピエール=イヴ・ロション氏による空間デザイン。

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額324円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ 以下はWEB会員の方向けの入会・ログインボタンです。アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン
【8/8まで】3カ月無料キャンペーン開催中
' + banner['alt'] + '

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ