特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2019.2.7

「スタートの握り3貫で、まずその日推しのネタを、お腹が空いた状態で味わって欲しい。『お寿司屋さん』としての主張です」 

木挽町 とも樹 小林智樹

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2018年11月に発表された『ミシュランガイド東京 2019』において、二つ星として新たに掲載された寿司屋「木挽町 とも樹」。

「この場所に店を出すことが決まってから、店名には『木挽町(こびきちょう)』を入れようと決めていた」と語るのは、大将の小林智樹氏。名前の「とも樹」に冠した「木挽町」とは、中央区南部の旧町名で、現在の「歌舞伎座」裏のこの辺り一帯がそう呼ばれ、歌舞伎座の賑わいから一歩入ると、町屋風の佇まいが残っている。

「現在は『銀座四丁目』へ呼び方は変わりましたが、慶長11年(1606年)の江戸城大修築の際に、木挽職人がこの辺りに多く住んだと言われ、由緒正しき町名なんです」

写真

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額324円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ 以下はWEB会員の方向けの入会・ログインボタンです。アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ