特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2019.3.20

「おにぎりのイメージは、あくまで家庭の味の延長。奇をてらうなど、高価な具材でその安心感を裏切るわけにいきません」

おにぎり 浅草 宿六 三浦洋介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
写真

昭和29年に創業した東京 浅草にあるおにぎり屋「おにぎり 浅草 宿六」が、昨年末『ミシュランガイド東京 2019』に、「ビブグルマン」(価格以上の満足感が得られる料理。良質な食材で丁寧に仕上げており、5,000円以下で楽しめる。)として掲載され大きな話題となった。「幼い頃から、創業者である祖母が作るおいしいおにぎりを食べて育ったので、いわば“おにぎりの英才教育”。その記憶をもとに、自分がうまいと思うものを日々追求しています」こう話すのは、三代目として店を受け継いだ三浦洋介氏。

写真

浅草観音裏に構える同店では、『ミシュランガイド東京 2019』が発表された2018年11月以降、営業時間前から長蛇の列が途切れない。現在、昼の時間帯(11:30から)は三浦氏が、夜の時間帯(18:00から)はお母さんが、それぞれ1人で料理から接客までを切り盛りするが、やはり多くの人が「おにぎりを食べたい」と混雑するのは昼。三浦氏曰く「1個握るのに約1分かかるため、30個なら約30分」、さらに味噌汁を出し会計をする。その日に何人の客を対応できるかを見込めるため、入店目安の時間を伝えているが、行列の長い日には、営業時間前に売り切れが確定することもあるという。(ご飯がなくなり次第営業終了)

写真

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額324円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ 以下はWEB会員の方向けの入会・ログインボタンです。アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ