特集

ぐるなび

わざわざ出かけたい国内グルメ旅

2019.7.18

「1300度の炭火と串を操る『焼き』は、私の一生をかけるべき仕事です」

うなぎ家 しば福や 店主 柴田哲滝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「三河一色うなぎ」は、言わずと知れた養殖うなぎのトップブランド。その産地を有する愛知県は、うなぎ屋の数がとにかく多い。すなわち激戦区であり、腕を競い合う職人たちのレベルも自ずと高まる。この環境下にあって、2018年5月に開業した「しば福や」は、東海地区初出版となる『ミシュランガイド愛知・岐阜・三重 2019 特別版』にビブグルマンとして掲載された。

写真

店主の柴田哲滝氏は「三河一色うなぎ」の里、愛知県西尾市一色町出身。父親が宮崎県で養鰻業を始めるにあたり、柴田氏も物心つく前に移住した。日々うなぎと対峙する父の背中を見ながらも、家業を継ぐイメージは湧かず、大学卒業後に就いた職は大手ゼネコンの現場監督。しかし入社7~8年が経ち、仕事に違和感を感じたとき、ふと脳裏をよぎったのはうなぎの存在だったと言う。サラリーマン生活に別れを告げて柴田氏が向かった先は、父のもとではなく名古屋市昭和区にあるうなぎ屋「炭焼 うな富士」。週末ともなれば、店前に「うな富士行列」が成される大繁盛店を修業先に選んだ。

写真

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額330円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ 以下はWEB会員の方向けの入会・ログインボタンです。アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ