特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2019.10.11

「お客様がリラックスして食事を楽しむことができれば、よりおいしさを感じてもらえるはずです」

タクボ オーナーシェフ 田窪大祐

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

レストランの激戦区である恵比寿から、少し歩いた代官山の住宅街。2016年に移転・オープンした「タクボ」は、その翌年の『ミシュランガイド東京 2017』から3年連続で一つ星として掲載されている。特注の開放暖炉を設えた独自の「薪焼き」スタイルで、こだわりの火入れによるうまみの詰まった赤身ステーキが魅力のイタリアンだ。

写真

「自然」をコンセプトとした店内に入ると、木の薫香と肉の香ばしい香りが漂う。草木など自然素材が使われるインテリアに、木目の美しいカウンターテーブルが目を引く。オープンキッチンはステンレスを使用する店も多いが、シックなグレーのレンガを壁面に採用。随所に温かみが感じられる。

「お客様がリラックスして食事を楽しむことができれば、よりおいしさを感じてもらえるはず」と語るのは、オーナーシェフの田窪大祐氏。コンセプトの「自然」には、食材やワイン、器はもちろんのこと、スタッフやシェフ自身も自然体で働き、背伸びするような接客でなく、客との自然なコミュニケーションを大切にしたいという思いが込められている。

写真
カウンターは8席、頭上に大量の薪が並べられている。向かって左手に見えるのが特注の薪窯

薪焼きブームの中、注目されてきた同店。田窪氏は、多くのシェフを輩出しているイタリアンレストラン「アロマフレスカ」の出身だ。ビステッカをはじめとする肉料理の名手が群雄割拠するなか、赤身肉と薪焼きの両方にこだわってきた。

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額330円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ 以下はWEB会員の方向けの入会・ログインボタンです。アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ