特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2020.10.30

「大切なのは人に寄り添うこと。料理やサービスは、お客様のためにあるべきだと思っています」

オーナーシェフ 掛川哲司

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしい魚料理が食べられるフレンチといえば、どこを挙げるだろうか。少し詳しい人であれば、いくつか名前を挙げられるかもしれない。もしも挙げられたとすれば、きっとその一つに代官山の「アタ」の名前を挙げたはずである。

「アタ」は2013年12月にオープンした魚介料理が中心となるフランス料理店の先駆けだ。『ミシュランガイド東京 2020』ではビブグルマンとして掲載されている。新鮮な魚介料理の数々とバラエティ溢れるワインを、肩肘張らずに楽しめるとして人気のビストロだ。オープン当時は肉ビストロ全盛だったが、オーナーシェフの掛川哲司氏は、どうして魚中心のビストロをオープンしようとしたのであろうか。

写真

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額330円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ アプリからご覧の方は、アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ