特集

ぐるなび

東京都内の“おいしい”探訪記

2021.3.9

「美しい味、おいしさは美しい仕上がりの中にこそ宿ると信じています」

すし家 祥太 店主 ムン・ギョンハン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1990年代に爆発的な人気を誇ったマンガ「将太の寿司」。そのマンガを読んだ韓国人青年が2019年11月、麻布に鮨店を開いた。店名には初心を込め「すし家 祥太」を選ぶ。

写真

それから1年後には早くも『ミシュランガイド東京 2021』に一つ星として掲載された。ひたすらに江戸前鮨の道を邁進する、若き店主が描く理想の鮨像とは。

クラブミシュランはミシュランガイド公式の会員サービスです。

会員になると、特集の続きをご覧頂けます。

レギュラー会員なら
月額330円が 0でお試し!

公式アプリをご利用の方へ アプリからご覧の方は、アプリ内マイページより新規会員登録、もしくはログインをお願いいたします

WEB新規会員登録 WEB会員の方ログイン

あわせて読みたい関連記事

    もっと見る

    特集まとめ