INFORMATION

2021.11.10

日本ミシュランタイヤ、奈良県の厳選した飲食店・レストランを紹介する「ミシュランガイド奈良 2022 特別版」を5月発売予定

フランスのタイヤメーカーである日本ミシュランタイヤ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:須藤元、以下「ミシュラン」)は、奈良県の厳選した飲食店・レストランを紹介する、「ミシュランガイド奈良 2022 特別版」を来春発行すると発表いたしました。 奈良県全域の飲食店・レストランを調査対象とするのは、2016年に当サイト「クラブミシュラン」にてウェブ公開した「ミシュランガイド奈良 2017特別版」以来、6年ぶりとなります。

  • ©MICHELIN

約1300年前、日本の政治や経済、文化の中心地として栄えた奈良。東大寺、興福寺、春日大社などを含む「古都奈良の文化財」や、世界最古の木造建築を含む法隆寺地域の仏教建築物、紀伊山地の霊場と参詣道など世界遺産も多く、観光地としての魅力に溢れています。また、紀伊半島の内陸部に位置するため、内陸ならではの食材にも特徴があります。25品目もある大和野菜に代表される多様な農産物、イチゴ、梨、柿などの果物、そして大和肉鶏、大和牛、ヤマトポークなど畜産物など、名産品は多岐にわたり、古都の歴史背景とともに発展した食文化が楽しみな地域です。

ミシュランガイドは、現在世界32か国で厳選した飲食店・レストラン、宿泊施設を紹介しています。その歴史は1900年に始まり、今年で121年目を迎えました。日本では、アジア初となる「ミシュランガイド東京2008」を2007年に、「ミシュランガイド京都・大阪2010」を2009年に発行。加えて2012年の「ミシュランガイド北海道 2012 特別版」を皮切りに、これまでに全国27エリアのおすすめの飲食店・レストラン、宿泊施設を紹介してきました。奈良については、京都、大阪、神戸とともに、「ミシュランガイド京都・大阪・神戸・奈良2012」で、奈良市を国内7番目にご紹介し、奈良県全域を紹介する「ミシュランガイド奈良2017特別版」などで、多くの飲食店・レストラン、宿泊施設を紹介してきました。

ミシュランガイドは、2020年から持続可能なガストロノミー(美食)を実践する最前線にいる飲食店・レストランの取り組みに光を当てる、ミシュラングリーンスターの紹介を始めました。調査員は料理の調査と同時に、飲食店・レストランのサステナブルな取り組みを評価します。そして真に献身的で、革新的な施設をミシュラングリーンスターとしてご紹介します。

日本ミシュランタイヤ株式会社 代表取締役社長 須藤元は次のように述べています。 「来春、再び奈良県の厳選した飲食店・レストランをご紹介できることを大変うれしく思います。同時に、長期にわたる世界的な公衆衛生危機と向き合い、現在も創意工夫をされながら努力を続ける飲食業界の皆様に敬意を表します。ミシュランの正社員である、ミシュランガイドの匿名調査員は現在、奈良県内をくまなく訪れ、読者におすすめの飲食店・レストランを調査中です。ミシュランが日本の観光地を海外に向けて紹介する『ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン』では、奈良県は三つ星(★★★)として掲載されています。魅力ある奈良県の観光地を訪れていただくと同時に、『ミシュランガイド奈良 2022 特別版』でその食文化の魅力を再発見し、唯一無二の体験をお楽しみください。ミシュランは皆様の快適で豊かな旅や移動のお手伝いを今後も継続してまいります。」

現在、ミシュランの社員であり、飲食業界の専門知識を持つ調査員たちが、読者の皆様に自信を持っておすすめしたい和歌山県全域の飲食店・レストランを調査中です。どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

【書籍販売情報】
「ミシュランガイド奈良 2022 特別版」は初版限定にて販売予定です。全国の主要書店でご予約を受け付けますのでお早めにお申込みください。事前注文のみの対応で、店頭販売はございませんのでご注意ください。


書名:ミシュランガイド奈良 2022 特別版(A5 変形 日本語・英語併記版となります)
出版社:日本ミシュランタイヤ/日販アイ・ピー・エス
ISBN:978-4-904337-31-8 C2026
予価:2530円(2300+税10%)  2022年5月発売予定

top